観葉植物の植え替え!?

大事に育てている観葉植物も日々、成長しています。

植木の成長が進むと鉢も窮屈になり、鉢に対して植木が大きくなりすぎてバランスが悪くなったり、鉢の底から根がはみ出して来たります。観葉植物の多くは購入から2年から3年で、鉢の中が根でいっぱいになってしまいます。
鉢の中が根でいっぱいになることを根詰まりと呼び、土の中の酸素が不足して根が腐ったり、土の中の養分が不足し葉の色が悪くなったりひどい場合枯れたりします。

そこで必要なのが鉢の植え替えです。あまり手のかからない観葉植物ですが、植え替えは必要になり3つ注意点がありますのでご紹介します。

 

①植え替え時期は5月~9月まで!植え替えで一番重要なのは時期です。

観葉植物があまり元気のない寒い時期に植え替えをすると弱ってしまい、枯れてしまうこともあるので5月~9月以外の時期は無理をせず、5月まで待ちましょう。

 

②土は新しいものと入れ替える!ホームセンターやAmazonなどで観葉植物用の土を用意してください。

お庭の土ではなく観葉植物に合った最適な土にを新しくしてあげることで元気に美しく育ちます。

 

③鉢と植木のバランスが大事!植木を大きく育てたいのであればひと回り大きい鉢を用意してください。

観葉植物の植木鉢はサイズが規格で決まっていて3cm刻みに展開されているので3cm大きいものを選びましょう。大きすぎるものを選んでも大きくなるわけではありません。大きい鉢だと土が多すぎて根腐れを起こしたりします。

これ以上植木を大きくしたくないときは幹や枝を切り調整し根も少し小ぶりに整えて同じ大きさの鉢に植え替えます。

 

植え替え後は土が落ち着くようしっかり水あげをします。水が引くと根の隙間に土が入るので植木鉢の土は減ります。減った分は観葉植物用の土を足してください。また肥料は観賞用の土にも含まれているので余計な肥料などはいりません。直射日光を避け1週間ほどレースのカーテンのかかった窓際で養生してください。

落ち着いたらいつもの位置でいつも通り管理していただければ問題ありません。

 

以上、観葉植物の植え替えについてでした。

ここまでできてより長く育てば観葉植物への愛着も倍増するかと思います。

これからも大事に育て緑に癒されましょう。

次回はオシャレな植木鉢をご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です