オシャレな植木鉢あります‼

大事に育てている観葉植物をもインテリアとして飾るには植木鉢や鉢カバー選びも重要です。

オシャレな鉢と元気な植物が一緒になって初めてインテリアと言えるような気がします。

 

今回は植木鉢の種類とオシャレな植木鉢のお店を紹介いたします。

 

・陶器/セラミック/磁器

観葉植物の鉢として最もスタンダードな素材です。 防水性が高く、小型から大型まで様々なサイズが揃います。

 

・素焼(テラコッタ)

観葉植物の鉢として最もお手軽が素材です。 テラコッタはイタリア語で「焼いた土」という意味があります。

オリーブなどのナチュラルな雰囲気にピッタリな素材です。

 

・ファイバーグラス(FRP)

観葉植物の鉢として最も使いやすい素材です。プラスチック素材とは違いさまざまなものが流通しています。

また非常に軽くて陶器などと違い割れる心配がありません。表面の仕上げも様々なバリエーションを演出することができます。

 

・木製の植木鉢カバー

こちらは植木鉢ではなくカバーとして使用します。木目柄のデザインがナチュラルなインテリアとマッチし落ち着いた雰囲気がぬくもりある空間を作ります。

しかし天然素材ですので水に弱く、鉢には受け皿を使用してください。

 

・石材素材

砂岩やセメント素材の鉢です。 重量感があり、防水性はなく、水に染みる素材でなのでそのほとんどが室内用です。 大型なタイプが数多くありセメントの質感や自然な色むらがアクセントとなりインテリアとして際立ちます。

 

・金属素材

鉄製素材の鉢です。 錆や変色してしまうので室内で使われることがほとんどです。特異性があり、インテリアとして扱うには少し上級者向けかもしれません。ただハマった時のインパクトはものすごく、かっこいい空間となるでしょう。

 

・プラスチック樹脂素材

大量生産品で最も多くの種類があります。しかしデザイン性はなく鉢カバーのインナーとして使うようなものがほとんどでおすすめはできません。

 

大まかに7種類もの素材がある植木鉢や鉢カバーですが探すとなるとホームセンターやネット通販がほとんどかと思われます。ネットで「オシャレ植木鉢」などと検索しても同じようなものばかりですが庭福久でも取り扱っているこちらのお店では見たことのないような目を引くものばかりです。

 

愛知県にある丸又平野陶器店さんです。→HPはこちらです。

アジア、ヨーロッパから輸入し日本全国に卸しています。海外の旬なデザインプランターから伝統あるテラコッタまで豊富なアイテムを取り揃えています。

ご購入の際は庭福久までお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です