オリーブが危ない!アナアキゾウムシ??

オリーブを育てている人は聞いたことがあるかもしれませんが、オリーブアナアキゾウムシってご存知ですか?

ご家庭でのオリーブ人気からか去年、おととしくらいからネット上で話題のオリーブにつく害虫です。

なんでもオリーブ絶対殺すマンと言われるほどの猛威だそうで幼虫を発見した時にはすでに遅く、ほとんど枯れた状態になることもあるそうです。

4月~11月がアナアキゾウムシの活動期なので早期発見のため今から情報提供いたします。

 

オリーブアナアキゾウムシの幼虫は幹の根元に生息しいます。もし植木鉢内に木屑が増えていたり幹に穴があいていたらオリーブアナアキゾウムシの幼虫がいる可能性大です!

幼虫の大きさは10㎜から15㎜ほどで見た目は白い芋虫です。1匹いたら5~6匹は幹の中にいるそうです。そのまま放置すると成虫になり繁殖し次々とオリーブの幹を食べて枯らしていくので幼虫のうちに幹をほじくって駆除しましょう。

対策としては幹の根元の通気を良くし、穴があいてないか、木屑が出ていないかの確認が大事です。

大切なご家庭のオリーブを守るためにも水やりの際に一緒にチェックするとよさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です