アイアンウッドで作るウッドデッキ

木のぬくもり、本物の木の質感・・・

ウッドデッキはやっぱり天然木がいいですね。

 

前回、ソフトウッドでは腐朽してしまうと話しましたが今回は天然木のハードウッドのウッドデッキについてお話します。

 

ハードウッドとは亜熱帯地域の東南アジアや南米に生息する木で、名前の通り硬く丈夫で耐久性に優れています。

白アリにも強く、屋外で使用しても20年以上の耐久性を有すると言われていて、公共施設など耐久性が求められる建築物で使用されています。

その中でも「鉄の木(アイアンウッド)」と呼ばれるほど丈夫なのがウリンです。

見た目は赤褐色で高級感があり、滑らかで美しい木目が特徴です。

しかし施工後しばらくは雨で赤い樹液が流れ出るのでウッドデッキの周りを土間にするとシミとなるので砂利や芝生などにしたほうがよいでしょう。天然木であるため割れやささくれなどできることもありますが反りや狂いが少ないのでそれほど心配はありません。

 

ウリンは非常に硬く重たいので加工や組み立てる作業がとても大変です。ビスの止付けも下穴をあけたり、ビスの頭をもぐらせる皿取り加工が必要になります。

(ほんとうに重たく水に浮かないほど重たい木なのです。)

また塗装の必要もなく、年々赤みが落ち着きより深みのある茶(こげ茶)色へと変化していき、最終的には、銀白色へと経年変化していきます。この経年変化が本物の木の味わいであり、天然木の最大の特徴であると考えます。

庭福久(ニワフク)で提案する天然木のウッドデッキはこのアイアンウッドです。

天然木の良さはもうひとつあり、規制品のウッドデッキとは違いオリジナルのデザインを造作できるメリットがあります。

手すり、目隠しルーバーなどのデザインはもちろん、現場の敷地に合わせたオリジナルのウッドデッキを施工できるのでデザイン性豊かな仕上がりとなります。

次回は樹脂デッキ(人工木)のご紹介を致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です