デザイナーの頭の中

今回はデザイナーがどのようにプランをデザインしているのか、覗いてみましたー♪

デザイナーと聞くと閃きと独創性でクリエイティブな作品を造っているように思えますが、実際どうなっているのでしょうか?

気になりますねー♪…で、実際に聞いてみた!

デザインする上で一番最初にすることがゾーニング図の作成だそうです。

そしてゾーニングが一番大切な作業となるみたいです。

ちなみに ゾーニングとは? ※ウィキペディア(Wikipedia)参照

ニワフクでは初回リスニングからデザイナーが直接行うのですが、そこで聞いた情報をパズルのように組み合わせていき、生活動線を第一に考えたゾーニング図を造っていきます。

コレがデザインの基礎となります!

なるほど!基本的な使い方や動線、サイズ感がゾーニングで決まるのですね!

確かにいちばん大切なことですね。

駐車場から荷物を持ちながら玄関までのスムーズな動線、リビングから行き来しやすいメインガーデンの配置などの各ポイントをキレイに結びつつ、視線を集めるアイスポットを設けたり隣地からの視線を遮る目隠しを造ったりと、「見せるもの」「隠すもの」をしっかり考え、プランニングして行くことが無駄のないデザインにつながるようですね!

今回はデザイン設計の基本、ゾーニングについての考え方についてまとめたいと思います。

①シンプルに考える。

②お客様の生活スタイルを変えない。

③とにかくシンプルに考える。

とにかく基本となる所なのでシンプルがベストみたいです!

シンプル=無駄がない=ストレスフリーという事ですね♪

考えられたデザインには位置から素材まで、全てに理由があります。

お客様の生活スタイルにマッチし、敷地を最大限利用した根拠のあるデザインをお求めの方は、是非一度ニワフクへご相談下さい。

ご期待以上のご満足いくプランをご提案致します。

それでは次回更新も楽しみにしていて下さい♪

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です